暗号資産

支払い情報の商用利用否定 フェイスブックの仮想通貨

07/17 08:28 更新
米議会で証言するフェイスブックのリブラ事業の責任者マーカス氏=16日、ワシントン(ゲッティ=共同)
米議会で証言するフェイスブックのリブラ事業の責任者マーカス氏=16日、ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)は16日、計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、利用者の支払い情報をFBが商業的に活用することを否定した。リブラ事業の責任者、マーカス氏が米議会の公聴会で表明した。

[PR]

 マーカス氏は事業モデルについて「リブラによって中小企業がFB上でより多くの商取引を行うようになれば、FBでの広告が増える」と説明。支払い情報の商用利用について「そのつもりは全くない」と強調した。トゥーミー議員(共和党)の質問に答えた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る