北海道

札幌―ニセコ―函館 特急列車、8月末から運行

07/17 05:00

 JR北海道は8月末からニセコ経由で札幌と函館を結ぶ「特急ニセコ号」を運行する。北海道新幹線で来道する観光客や札幌からの日帰り客を中心に、ニセコや小樽など主要観光地への移動手段として活用してもらう。

[PR]

 運行期間は8月31日と9月1日、5~11日、14~16日の計12日間。1日1往復で、上りは札幌発午前7時57分、函館着午後1時40分。下りは函館発午後1時58分、札幌着午後7時27分。停車駅は小樽、余市、倶知安、ニセコ、長万部、新函館北斗など。

 倶知安―ニセコ間では、地元の観光協会職員がトマトジュースやどら焼きなどの特産品を販売。上り列車の停車時間に合わせ、余市駅では地元果樹園のリンゴを使ったアップルパイを、長万部駅ではかにめし(要予約)をそれぞれ販売する。(横田紗菜)

ページの先頭へ戻る