アイヌ民族

アイヌ文化歌い笑う大会 8月25日、出場者募集 民話漫才や翻訳カラオケ披露…

07/17 05:00
アイヌ文化歌い笑う大会 8月25日、出場者募集 民話漫才や翻訳カラオケ披露…

 アイヌ民族の民話や風習を取り入れた漫才を披露したり、日本のポップスや歌謡曲をアイヌ語で歌ったりするユニークな大会が8月25日、札幌市内で開かれる。主催団体は「歌やお笑いを通して、アイヌ文化に詳しい人もそうでない人も一緒に楽しんでもらいたい」と出場者を募集している。

[PR]

 アイヌ文化の担い手を育てる一般社団法人「札幌大学ウレシパクラブ」(札幌)が昨年から開催しており、今回で2回目。大会名「ミナアンロー!」は、アイヌ語で「笑いましょう」を意味する。今年は同クラブ設立10周年も記念する。

 大会は2部構成で、第1部のお笑い大会は、アイヌ文化を紹介する漫才やコントの腕を競う。第2部のアイヌ語カラオケ大会は、日本語の歌詞をアイヌ語に翻訳して歌い、歌唱力やアイヌ語力、表現力などで勝負する。

 出場希望者は8月4日までに、同クラブの(電)011・852・9335かメール(urespa@sapporo-u.ac.jp)まで申し込む。(斉藤千絵)
※「ウレシパクラブ」のシは小さい字

残り:104文字/全文:537文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る