北海道

相次ぐ法令違反 秩父別「悠観光バス」事業許可取り消し 道内初

07/17 16:55 更新

 北海道運輸局は16日、道路運送法違反などを繰り返したとして、空知管内秩父別町のバス会社「悠観光バス」(横山悠紀雄社長)の貸し切りバス事業許可を取り消したと発表した。処分は10日付。同局によると、道内で営業している貸し切りバス会社の事業許可を取り消したのは初めて。

[PR]

 運輸局は、貸し切りバス会社に公表が義務づけられた安全対策を同社がホームページなどで周知していなかったため、今年1月と3月に監査を実施。その際に運行指示書に運行経路を記載しないなど計25件の法令違反が発覚した。

 その後、5月までの2回の追加監査でも運行指示書への経路不記載など5件の違反が是正されなかったため最も重い事業許可の取り消し処分を出したという。

残り:274文字/全文:583文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る