苫小牧日高

創業100年の老舗 マチと共に回顧 第一洋食店の特別展

07/15 15:16
古い食卓など歴史を感じさせる品が並ぶ特別展
古い食卓など歴史を感じさせる品が並ぶ特別展

 【苫小牧】苫小牧市初の洋食店「第一洋食店」(錦町1)が8月に創業100周年を迎えるのに合わせた特別展「第一洋食店の100年と苫小牧」が苫小牧市美術博物館(末広町3)で開かれている。

[PR]

 3代目の山下明店主(71)の祖父十治郎さん(1884―1945年)が19年(大正8年)に市内本町に開業したのが始まり。

 特別展では約60年前の食卓や椅子、約70年前のメニュー表など約350点を展示。幼少時から家族で訪れたという苫小牧市の松本紘昌さん(73)は「小さい頃、アスパラをここで初めて食べた。店は苫小牧の歴史そのもの」と話す。9月16日まで。月曜休館(月曜が祝日の場合は火曜休館)。高校・大学生400円。一般600円。(那須涼)

ページの先頭へ戻る