釧路根室

快速左腕攻略「理想の勝ち方」 武修館

07/15 05:00
〔武修館―網南丘〕武修館二回、2死三塁の場面で先制の適時打を放つ舘岡(桶谷駿矢撮影)
〔武修館―網南丘〕武修館二回、2死三塁の場面で先制の適時打を放つ舘岡(桶谷駿矢撮影)

 武修館二回の攻撃。2死三塁で主将舘岡(3年)が甘く入ったスライダーを左中間に運ぶ適時打とし、先制点を挙げた。「序盤で自分が打って勢いを引き寄せたかった。素直にうれしい」と表情を緩めた。堅い守りで失点を抑えた戦いに、「失策もあったが、理想の勝ち方ができた」という。

[PR]

 相手の主戦は最速145キロの直球が武器の左腕。チームは組み合わせが決まった直後から、部員の左腕投手が約15メートルの至近距離から投げる速球を打ち返す練習を重ねた。「相手が自信を持っている直球をうまくたたければ、必ずリズムを崩せるはずだと思った。対策がうまくはまった」

残り:216文字/全文:482文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る