北海道

コストコ商品で客層拡大図る 道南の中小スーパー お得感、目新しさで大手に対抗

07/15 05:00
コストコのパン類を品定めする買い物客=函館市内のキングストア堀川店
コストコのパン類を品定めする買い物客=函館市内のキングストア堀川店

 特大サイズの食品や日用品を割安に販売する米国系量販店「コストコ」の商品を呼び水に、客層を広げようとする道南の中小スーパーが増えている。函館市ではキングストア堀川店が昨年11月に、北斗市ではスーパーとうかい北斗店が今年6月にコストコ商品の取り扱いを開始。目新しさとお得感を売りにし、資本力を武器に安売りを仕掛ける大手チェーン店に対抗する。

[PR]

 10日午後2時。函館市電堀川町電停前のキングストア堀川店の一角で、20~30人の買い物客がお目当ての商品の到着を待っていた。

 この日は2週間に1度のコストコ商品の入荷日。中でも人気なのが特大サイズのパン類だ。ロールパンは36個セットで646円。直径10センチほどの巨大なマフィンは12個で1058円。

残り:927文字/全文:1247文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る