北海道

札幌の繁華街、歩道に車突入 男女7人が軽傷

07/15 19:51 更新
軽乗用車が歩道に乗り上げ、通行人をはねた現場=13日午後8時30分、札幌市中央区南3西4
軽乗用車が歩道に乗り上げ、通行人をはねた現場=13日午後8時30分、札幌市中央区南3西4

 13日午後8時10分ごろ、札幌市中央区南3西4の国道交差点で、軽乗用車が歩道に乗り上げ、信号待ちしていた歩行者の列に突っ込んだ。札幌中央署や札幌市消防局によると、10~30代の男女7人が搬送され、いずれも軽いけが。同署は車を運転していた札幌市清田区の無職男性(20)から事情を聴いている。現場はススキノや狸小路に近い札幌駅前通沿いの繁華街で、一時騒然となった。

[PR]

 同署によると、運転していた男性は「ほかの車を避けようとハンドルを切ったら歩道に乗り上げてしまった」と話しているという。同署は、男性がハンドル操作を誤ったとみて自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑を視野に調べている。7人ははねられたり、車を避けようとして転倒したりしてけがをしたもようだ。現場の歩道にはガードレールはない。 

残り:244文字/全文:587文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る