LGBT

LGBTカップル入居可に、水戸 市営住宅、県制度受け

07/10 18:00

 性的少数者(LGBT)のカップルを結婚に相当する関係のパートナーとして公認する「パートナーシップ宣誓制度」を茨城県が始めたことを受け、水戸市は10日、市営住宅への入居申請を8月1日から認めると明らかにした。

[PR]

 市によると、市営住宅の入居は親族以外に「事実上婚姻関係と同様の事情にある者」と規定されており、県のパートナーシップ制度で受領証を交付されたカップルにも同様に対応する。

 県は今月1日、都道府県で初めて同制度を導入し、県営住宅の申し込みや県立病院での手術同意を可能とした。受領証の利用範囲を拡大するため、市町村に協力を要請していた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る