釧路根室

初田牛駅跡に記念看板 住民が要望「駅があったこと思い出して」

07/09 09:48
設置された「初田牛駅跡」の看板と初田牛町会の小笠原忠行会長
設置された「初田牛駅跡」の看板と初田牛町会の小笠原忠行会長

 【根室】JR北海道釧路支社は、3月のダイヤ改正で廃止したJR花咲線の初田牛駅跡に、駅名標に似せた記念の看板を設置した。設置を要望していた初田牛町会の小笠原忠行会長(55)は「ふらっと訪れた人に、駅があったことを思い出してもらえたら、うれしい」と話す。

[PR]

 看板は高さ約2メートルの支柱に縦0・9メートル、横1・2メートルのアルミと樹脂の複合板を取り付けたもの。大きく書かれた「初田牛駅跡」の文字の下に、駅の開業日や廃止日、沿革が記されている。裏面には、駅名の「初田牛」や隣駅の名前に加え、駅舎の写真が3枚掲載されている。

残り:443文字/全文:702文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る