釧路根室

根室のふるさと納税 104事業・子育て、水産業振興へ 18年度総額35億円を活用

07/04 05:00
温根元漁港で水揚げされる貝殻島周辺のサオマエコンブ。ふるさと納税の寄付金がコンブ漁場の雑海藻駆除に活用された=6月12日
温根元漁港で水揚げされる貝殻島周辺のサオマエコンブ。ふるさと納税の寄付金がコンブ漁場の雑海藻駆除に活用された=6月12日

 【根室】市は2018年度のふるさと納税の寄付件数や寄付額、活用状況をまとめた。市への寄付件数は31万4041件、寄付額は49億5707万円でともに過去最高。子育てや地域医療、水産業の振興や公共交通の維持など104事業に、総額35億5124万円を活用した。

[PR]

 市は寄付金をふるさと応援関連基金に積み立て、寄付者の意向を踏まえてさまざまな事業に充てている。

 6月28日に公表された実績によると、子育ての主な事業では、保育所や幼稚園で第3子以降の保育料・入園料を無料とする事業に3443万円、第3子以降の学校給食の無料化事業に756万円が使われた。

残り:290文字/全文:561文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る