水曜討論

引きこもり どう向き合う

07/03 10:14
やまだるい53せい 1975年、兵庫県三木市生まれ。愛媛大を中退し、99年にお笑いコンビ「髭男爵(ひげだんしゃく)」結成。著書に自身の経験をつづった「ヒキコモリ漂流記」など。
やまだるい53せい 1975年、兵庫県三木市生まれ。愛媛大を中退し、99年にお笑いコンビ「髭男爵(ひげだんしゃく)」結成。著書に自身の経験をつづった「ヒキコモリ漂流記」など。
  • やまだるい53せい 1975年、兵庫県三木市生まれ。愛媛大を中退し、99年にお笑いコンビ「髭男爵(ひげだんしゃく)」結成。著書に自身の経験をつづった「ヒキコモリ漂流記」など。
  • たぐち・らんでぃ 1959年、東京生まれ。2000年、兄の死を題材にした小説「コンセント」を発表、ベストセラーに。エッセーやノンフィクションなど幅広く執筆。
  • いしかわ・りょうこ 1977年、神奈川県海老名市生まれ。立教大非常勤講師などを経て、現職。専攻は社会学。著書に「ひきこもりの〈ゴール〉」など。

 川崎市の児童ら殺傷事件と、東京都内で元農林水産事務次官が長男を刺殺したとされる事件をきっかけに、引きこもりの存在がクローズアップされている。「犯罪と結び付けないで」。当事者らの訴えに、私たちはどう向き合うべきか。立場の異なる3人に聞いた。

[PR]

■罪悪感より家庭明るく お笑い芸人・山田ルイ53世さん

■受け入れられる場必要 作家・田口ランディさん

■無理に共感せず認めて 松山大准教授・石川良子さん

残り:2633文字/全文:2828文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る