開発局

北海道局長に水島氏 和泉氏退任 開発局長は後藤氏

07/02 05:00
水島徹治氏
水島徹治氏

 国土交通省は1日、和泉晶裕北海道局長(58)が退任し、後任に水島徹治・開発局長(59)を充てる人事を固めた。近く発表する。

[PR]

 水島氏は旭川市出身で、北大大学院工学研究科修了後、1985年に旧北海道開発庁に入庁。主に河川畑を歩み開発局建設部河川工事課長、関東地方整備局常陸河川国道事務所長、開発局事業振興部長などを経て2018年7月から現職。

 水島氏の後任の開発局長には、後藤貞二大臣官房審議官=北海道局担当=が就く。後藤氏は大分県出身。札幌開建次長、北海道局地政課長などを経て18年7月から現職。JR北海道の経営問題などを担当した。

残り:106文字/全文:372文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る