アイスホッケー

クレインズ再始動の汗 新チーム初の全体練習

07/02 05:00
新チームとして初の全体練習に取り組むひがし北海道クレインズの選手(小松巧撮影)
新チームとして初の全体練習に取り組むひがし北海道クレインズの選手(小松巧撮影)

 【釧路】アイスホッケーアジアリーグの「ひがし北海道クレインズ」(釧路市)は1日、6月の新チーム発足後初となる全体練習を釧路市内の体育施設で行った。選手は7月中旬に始まる予定の氷上練習を前に、接触プレーで当たり負けしない体づくりやけが予防を目的に、体幹を鍛える基礎トレーニングに打ち込んだ。

[PR]

 選手21人中17人が参加。体幹トレーニングのアドバイザーとして、サッカー日本代表の長友佑都選手らを指導してきた木場克己さん(53)が就任。選手は木場さんの指導で約1時間半、軟らかいマットに片足で立ち、姿勢を保ったままボールをキャッチするといった練習に汗を流した。

残り:95文字/全文:372文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る