釧路根室

尾岱沼えびまつり 味覚求めて2万人 道外からも続々

07/01 14:46
尾岱沼えびまつりのホッカイシマエビ即売コーナーには長蛇の列ができた
尾岱沼えびまつりのホッカイシマエビ即売コーナーには長蛇の列ができた

 【別海】第59回尾岱沼えびまつりが30日、町内の尾岱沼漁港で開かれた。旬のホッカイシマエビなど海の幸を味わおうと、道東はもとより東京、高知など道外を含む各地から約2万2千人が訪れた。

[PR]

 例年は2日間の開催だが、今年は1日に短縮した。

 野付漁協は塩ゆでしたホッカイシマエビを1箱500グラム入り特大2800円、Lサイズ2200円で提供。販売開始1時間前から約200人が列をつくった。5箱を買った釧路市の上川隆夫さん(67)は「エビがおいしくて、3年前から来ている。今日は一杯飲みながら味わい、残りは冷凍保存します」とほほえんだ。

残り:108文字/全文:371文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る