釧路根室

遊歩道照らす光と映像 阿寒湖畔でデジタルアート「カムイルミナ」 5日開幕へ準備着々

06/28 05:00
遊覧船乗り場近くに設置された、記念撮影用のフォトフレーム
遊覧船乗り場近くに設置された、記念撮影用のフォトフレーム
  • 遊覧船乗り場近くに設置された、記念撮影用のフォトフレーム
  • 新キャラクター「まりポックル」がカムイルミナをPRする動画(ユーチューブより)

 【阿寒湖温泉】釧路市阿寒町の阿寒湖畔で体験型デジタルアート事業「阿寒湖の森ナイトウォーク『カムイルミナ』」が7月5日から始まるのを前に、会場のボッケ遊歩道周辺では開催に向けた準備が進んでいる。1~4日にはカムイルミナを無料で体験できる公開リハーサルが行われる。

[PR]

 カムイルミナは、音声が流れる専用の杖を手に湖畔沿いの遊歩道1・2キロを歩き、途中の森などに映し出される光や映像を楽しむ夜間の催し。フクロウが登場するアイヌ神謡「コンクワ」を題材に、自然との共生を伝える内容だ。シンガポールや大阪などでデジタルアートを手掛けるカナダのモーメントファクトリー社がプロデュースし、阿寒アドベンチャーツーリズム(AT、大西雅之社長)が運営する。

残り:525文字/全文:841文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る