行政

防犯カメラ補助 プライバシー保護に手順 札幌市が手引き改定 地域合意へ事前周知

06/27 17:12
札幌市が改訂した防犯カメラ設置補助に関する新手引き
札幌市が改訂した防犯カメラ設置補助に関する新手引き
  • 札幌市が改訂した防犯カメラ設置補助に関する新手引き
  • 防犯カメラ補助 プライバシー保護に手順 札幌市が手引き改定 地域合意へ事前周知

 札幌市が改訂した町内会が防犯カメラを設置する場合の補助に関する手引きは、トラブル防止を目的に条件を厳格化するとともに、地域の合意形成の手順や、映像のうちプライバシーに関わる部分を塗りつぶせるマスキング機能の利用方法などについて詳しく記した。従来の手引きにはこうした手順の説明がなかったり、詳しくなく、地域住民のトラブルの原因となっていた。

[PR]

 新手引きは旧版の一部を改訂。冒頭で「撮影対象は道路や公園などを想定し、特定の個人や建物を監視するものであってはいけない」と注意喚起した。

 地域の合意には、事前に十分な周知や説明をしたうえで、町内会の総会議決といった規約に基づく正規の手続きを手順を追って行うよう求めた。

 撮影方法については「プライバシー保護が不十分と認められれば是正されるまで補助金の請求はできない」とした。映像の一部を塗りつぶす「マスキング」機能を外し住宅の玄関や窓などの私的な部分を含めて撮影する場合、住民から書面で同意を取ることを求めた。市市民文化局は「一度同意を得ても居住者が代わる際には町内会が改めて撮影の同意を取る必要がある」としている。

残り:273文字/全文:752文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る