週刊コラム

青紅葉と、雨の旅

06/22 05:00

 気がつけば好きになっていた、という対象があります。

 ここ数年で好きになったものの1つに「青紅葉(あおもみじ)」があります。もともと新緑の季節は大好きで、あのやわらかなライト・グリーンを目にすると心が浮き立ちます。とはいえ特定の植物だけを愛でるというのではなく、どの草木であっても新緑ならではの、まるでサラダにして食べたくなるような新鮮な色に心惹かれてきました。

[PR]

 そんな分け隔てなく好きだった新緑の中で、気がつけばいつの間にか「青紅葉」だけを特別に目で追うようになっていました。なぜでしょう。葉の形が特徴的だからでしょうか。自分でも「これ」といった特別な理由は見つからず、いつからなのかも曖昧ですが、いつしか青紅葉の名所をインターネットで検索したり、種類の違いなどを詳しい方に訊ねたりするようになっていました。

 植物に対してのこうした気持ちはちょっと移り気で、数年ごとに心をひかれる対象が変わります。どうしてでしょうか。こちらの理由も謎です。こうして考えていくと、自分自身でも分からない心の動きというものは結構あるのかもしれませんね。

残り:289文字/全文:756文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る