医療・健康

アルツハイマー関与の変異を発見 日本人の免疫活性化遺伝子で

06/20 11:21

 日本人のアルツハイマー病発症に関わるとみられる遺伝子変異を国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)などのグループが見つけ、20日付の米科学誌に発表した。免疫反応に関わる遺伝子で、グループは発症リスクの予測や治療薬開発などにつながると期待している。

[PR]

 グループによると、アルツハイマー病は生活習慣や遺伝的要因などが絡んで発症すると考えられるが、詳しい発症メカニズムは分かっていない。これまで白人での発症に関わる遺伝子変異は見つかっていたが、日本人でこの変異を持つ人はほとんどおらず、別の要因があると考えられていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る