札幌圏

北広島で小中一貫サミット 道内初、21年開催内定 全国から教職員ら1500人

06/19 05:00

 【北広島】全国で導入が進む小中一貫教育について情報を共有し、意見を交換する年1回の「小中一貫教育全国サミット」が、2021年に北広島で開かれる。サミットを主催する小中一貫教育全国連絡協議会の事務局(東京都品川区)から、市教委に内定の知らせがあった。全国の教職員ら約1500人が集まる見通しで、市教委は今後、実行委の設立などの準備を進める。

[PR]

 サミットは2006年度から全国各地で開催。北広島は18年度から、小中一貫教育を市内の全14小中学校で一斉に実施したことなどから、道教委が開催を市教委に働きかけ、協議会と調整していた。同サミットが道内で開かれるのは初めて。

 北広島でのサミット開催は21年の11月ごろを予定。2日間の日程で、公開授業の見学や分科会、全体会などを行う。

残り:269文字/全文:605文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る