釧路根室

キリンもうすぐ出産 釧路市動物園31年ぶり 25日ごろ予定

06/18 10:50
初の出産に臨む釧路市動物園のアミメキリンのコハネ
初の出産に臨む釧路市動物園のアミメキリンのコハネ

 釧路市動物園のアミメキリンの雌コハネ(6歳)が今月25日ごろに初出産を控えている。同園のキリンの出産は1988年にケープキリンが出産して以来、31年ぶり。経過は順調で、関係者は出産の日を心待ちにしている。

[PR]

 コハネは2012年6月に羽村市動物公園(東京)で誕生。父親の雄スカイ(7歳)は同5月におびひろ動物園で生まれた。13年秋に解散した釧路市の市民団体「チャイルズエンジェル」が集めた募金が、13年9月のスカイの購入費に、14年5月に羽村市動物公園から貸与されたコハネの移送費に充てられ、釧路では88年以来26年ぶりにつがいが復活した。

 キリンは年間を通して繁殖できる。2頭は繁殖を目指し、18年3月から6月まで3回目の同居を続けた。寄り添う仲むつまじい姿やコハネの2週間ごとの発情期にスカイと交尾する姿が見られ、同年8月にコハネの妊娠が確認された。

残り:230文字/全文:606文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る