北海道

元妻刺傷容疑の男、遺体を発見 登別の山林

06/17 23:25 更新

 【登別】登別市中登別町の山林で16日に見つかった遺体の身元について、室蘭署は17日、元妻を刺して重傷を負わせたとして、殺人未遂容疑で全国に指名手配していた同市登別東町4、無職斉藤英次容疑者(62)と確認した。同署は容疑者死亡のまま同容疑で書類送検する方針。

[PR]

 同署によると、指紋などから斉藤容疑者本人と確認した。遺体に目立った外傷はなく、溺死とみて調べている。斉藤容疑者は今月7日午前、元妻の胸を鋭利なもので刺し、重傷を負わせた疑いが持たれている。

ページの先頭へ戻る