釧路根室

ダーツで荒天もフキ飛ばせ! 「蕗まつり」に1200人 釧路・音別地区

06/17 05:00
全身を使ってフキを懸命に投げる子どもたち(茂忠信撮影)
全身を使ってフキを懸命に投げる子どもたち(茂忠信撮影)

 釧路市音別町特産のフキをPRする「2019北のビーナス蕗(ふき)まつり」が16日、市音別町文化会館で開かれた。荒天の影響で一部のイベントが中止となったものの、市内外から家族連れなど約1200人が訪れ、フキを材料に使った食べ物やステージなどを楽しんだ。

[PR]

 おんべつ振興協会主催。会場では地元産のフキがふんだんに入った「蕗汁」が一杯100円で振る舞われたほか、ステージでは地元住民による音別地区の郷土芸能「蕗まつり音頭」などが披露された。

 恒例の生フキの即売ブースには長蛇の列ができ、昼すぎには完売となった。十勝管内中札内村から訪れた主婦石井としこさん(75)は「村では野菜が不足する冬に向け、フキを樽で塩漬けにして常備菜にする。音別のフキは軟らかくて香りがいいから毎年買いに来ます」と話した。

残り:185文字/全文:530文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る