北海道

列車と衝突 軽乗用車の男性死亡 札幌・西区

06/15 22:06 更新

 15日午後3時15分ごろ、札幌市西区発寒10の5、JR函館線発寒中央―発寒間の踏切で、石狩市花川南9の2、会社員工藤雅大さん(24)の軽乗用車と、千歳発ほしみ行きの普通列車(3両編成)が衝突。工藤さんは頭などを強く打ち、間もなく死亡した。乗員乗客約150人にけがはなかった。

[PR]

 札幌西署によると、現場は遮断機と警報機が付いた踏切。同署は目撃情報などから、軽乗用車が下りた状態の遮断機を押し上げ、踏切内に進入したとみている。JR北海道によると、この事故で札幌―小樽間が約2時間不通となり、特急や快速エアポートなど86本が運休または部分運休し、計約2万人に影響が出た。

ページの先頭へ戻る