北海道

困惑はらんで開幕 函館競馬場でJRA北海道シリーズ

06/15 12:21
競走除外になった4頭の馬番が外され、スタートする函館競馬場の第1レース=15日午前9時50分(石川崇子撮影)
競走除外になった4頭の馬番が外され、スタートする函館競馬場の第1レース=15日午前9時50分(石川崇子撮影)

 【函館】日本中央競馬会(JRA)の北海道シリーズは15日、函館市駒場町の函館競馬場で開幕した。

 第1レースは午前9時50分に出走。当初は3歳未勝利の16頭が出走予定だったが、禁止薬物の影響で4頭が除外され、12頭が芝コースを疾走した。函館出身の丹内祐次騎手が騎乗し、スタンドでは馬券を片手に声援が上がった。

[PR]

 同僚と訪れた函館市の会社員渡辺雄介さん(45)は「毎年、初日を楽しみにしている。函館の夏が来たと感じる」と笑顔を見せた。

 函館開催は、7月21日までの毎週土、日曜で、計12日間。重賞は6月16日に函館スプリントステークス、7月14日の函館記念、同21日の函館2歳ステークス(いずれもG3)。同27日からは札幌競馬場で開幕する。(斉藤直史)

ページの先頭へ戻る