科学・環境

EU閣僚、G20合意へ日本支援 海洋プラ問題で

06/15 11:16
カルメヌ・ベッラ欧州委員((C)欧州連合、欧州委員会提供・共同)
カルメヌ・ベッラ欧州委員((C)欧州連合、欧州委員会提供・共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の環境・海洋担当閣僚に当たるカルメヌ・ベッラ欧州委員は、長野県軽井沢町で15日始まった20カ国・地域(G20)エネルギー・環境相会合出席に際し、共同通信の書面インタビューに応じた。

[PR]

 日本政府は今月下旬のG20首脳会議(G20大阪サミット)で、プラスチックごみの海洋流出を「2050年にゼロにする」との目標の合意を目指しており、ベッラ氏は「(合意を)具体的行動を伴う野心的なものにするために、全力で支援する」と述べた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る