北海道

支笏湖の絶景外国人評価 千歳市、クールジャパン受賞 認定マークを観光活用

06/14 10:52 更新
美笛川の河口から望む支笏湖。奥は恵庭岳(支笏洞爺国立公園管理事務所提供)
美笛川の河口から望む支笏湖。奥は恵庭岳(支笏洞爺国立公園管理事務所提供)

 【支笏湖畔】支笏湖に注ぐ美笛川の河口から望んだ湖畔の風景が、外国人の視点で「クール(かっこいい)」と認めたものに贈られる「クールジャパンアワード2019」に選ばれた。濃紺の湖水の美しさなどが評価された。受賞団体の千歳市は認定マークを使用できる。市観光事業課は「これを機に外国人を含め多くの人に来てもらいたい」と喜んでいる。

[PR]

 日本の地域資源を国際的な視点から評価して経済活性化につなげようと、一般社団法人クールジャパン協議会(京都)が2015年から隔年で選定している。外国人審査員100人の8割以上が「クール」と認めると賞を贈り、受賞団体は協議会が発行する認定マークを無償、無期限で使用できる。

 3回目の今回は自薦、他薦で307件の応募があり、うち53件を選定。道内では一般部門で「夕張メロン」(夕張市)、新設のナショナルパーク部門で「美笛川の河口からの支笏湖湖畔の絶景」(千歳市)と「屈斜路湖湖畔温泉とキャンプ場」(釧路管内弟子屈町)の計3件が選ばれた。

残り:245文字/全文:673文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る