釧路根室

釧根支部の組み合わせ決定 25日から夏の高校野球予選

06/14 10:16 更新
釧根支部の組み合わせ決定 25日から夏の高校野球予選

 第101回全国高校野球北北海道大会釧根支部予選(道高野連など主催)の組み合わせ抽選会が13日、釧路市民球場で行われ、対戦カードが決まった。釧路・根室管内の18校13チームが出場し、25日から6日間、同球場で熱戦を展開する。

[PR]

 単独での出場は、昨年より3校少ない11校。部員の少ない複数校で連合チームを組むのは、釧東・釧商・白糠・弟子屈・阿寒と、根室・羅臼の2チーム。

 北大会への出場枠は3チームで、A・B・Cの各ブロックに分かれて対戦し、代表の座を狙う。

 春季大会を制し支部代表として全道大会に出場した釧湖陵と、準優勝の釧明輝、準決勝に進出した釧北陽と武修館はシード校として各ブロックに振り分けられた。

 開会式は25日午前10時からで、釧湖陵の斎藤叡佑(えいすけ)主将(3年)が選手宣誓する。開幕戦は午前11時半から根室・羅臼と厚岸翔洋が対戦。28日を予備日とし、日程が順調に進めば29日にA・Bブロック、30日にCブロックの代表決定戦を行う。

 支部代表3チームは、7月13日に旭川スタルヒン球場(旭川市)で開幕する北大会に出場する。(伊藤凱)

試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る