北見オホーツク

網走沖ミンククジラ追う 最後の調査捕鯨

06/14 05:00
船首からクジラにもりを発射し、命中させる砲手=12日午後3時38分、網走沖
船首からクジラにもりを発射し、命中させる砲手=12日午後3時38分、網走沖

 【網走】オホーツク海を回遊するミンククジラの生態などを確認する調査捕鯨が1日から連日行われている。12日に「第七勝丸」(32トン、乗組員6人)に同乗し、緊迫する現場を追った。

[PR]

 午前5時半、第七勝丸を含む5隻が網走港から出港。波風はほとんど無かったが曇り空のため海の色が暗く沈み、調査は困難を極めた。

 午後1時39分、第七勝丸がミンククジラを発見。他の3隻と協力して約2時間かけて追い込んだ後、第七勝丸が2発のもりを発射、それぞれ左腹部と首筋に命中した。捕獲したのは体長約8メートルのメス。「難しい条件下だった。他船との連携のおかげ」と船長は胸をなで下ろした。午後5時半に帰港後、クジラはクレーンで船からトラックに積み込まれた。

残り:59文字/全文:373文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る