いじめ

きょうだいへの暴力も放置、大阪 吹田市いじめ問題

06/13 22:26 更新
大阪府吹田市の市立小女児のいじめ放置問題で、記者会見し頭を下げる教育委員会の幹部ら=13日午後、吹田市役所
大阪府吹田市の市立小女児のいじめ放置問題で、記者会見し頭を下げる教育委員会の幹部ら=13日午後、吹田市役所

 大阪府吹田市の市立小に通う小学5年の女児が同級生から長期の集団いじめを受けていたのに、学校や市教育委員会が約1年半にわたって放置していた問題で、市教委は13日記者会見し、女児のきょうだいも同期間に加害男児らから暴力や暴言を受け、学校側が放置していたと明らかにした。

[PR]

 女児の担任だった複数の教諭が、いじめを訴えたアンケートを紛失、破棄していたことも判明した。

 女児は「(自身へのいじめについて)しゃべったらきょうだいを殴るぞ」などと脅迫されていた。保護者はきょうだいの担任にも被害を訴えたが、男児らに注意や指導をせず、学校内で問題を共有しないなど放置していた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る