EU

日EU上回る貿易協定も 英閣僚、締結に意欲

06/07 15:31 更新
6日、ロンドンでインタビューに応じる英国のフォックス国際貿易相(共同)
6日、ロンドンでインタビューに応じる英国のフォックス国際貿易相(共同)

 【ロンドン共同】英国のリアム・フォックス国際貿易相は6日、共同通信のインタビューに応じ、欧州連合(EU)離脱後の日本との2国間の通商関係について、日本とEUとの経済連携協定(EPA)を上回る内容の貿易協定締結に意欲を示した。日英が通商交渉を始められるのは離脱後だが、事前協議が進んでいると強調した。

[PR]

 英国側は日欧EPAを土台に通商協議を進める構えで、フォックス氏は「改良できる」分野として、国境を越えるデータ流通などデジタル経済分野での規制緩和を挙げた。米国を除く11カ国による環太平洋連携協定(TPP)への加盟を目指す方針も改めて示した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る