コンサドーレ

コンサ農園でスイートコーン種まき 選手らファンと交流 北広島

06/07 05:00
ファンと一緒にスイートコーンの種を植えるチームスタッフの河合竜二さん(右端)
ファンと一緒にスイートコーンの種を植えるチームスタッフの河合竜二さん(右端)

 【北広島】北広島市大曲の農業体験施設「くるるの杜(もり)」で6日、サッカーJ1北海道コンサドーレ札幌の選手とファンらが、スイートコーンの種まきを行った。

[PR]

 球団と、体験施設を運営するJAグループ北海道が食育活動推進の協定を結び、2009年から施設内に農園「コンサ・土・農園(コンサドファーム)」を設けている。

 この日は南米選手権に臨む日本代表に選ばれたFW菅大輝選手のほか、MF中原彰吾、MF檀崎竜孔、DF中村桐耶の3選手と、昨季限りで現役を引退してチームのスタッフとなった河合竜二さん。抽選で選ばれた5組10人のファンと共に、約100平方メートルの畑に種をまいた。

残り:108文字/全文:391文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る