沖縄

沖縄の中学落下物は「異常事態」 米軍は徹底調査を表明

06/05 12:37 更新

 沖縄県の謝花喜一郎副知事は5日、同県浦添市の市立浦西中のテニスコートにゴム製の布のようなものが落下したことについて「一番安全であるべき学校でこういった事態が起こることは、異常だとしか言えない」と述べた。県庁で記者団の取材に答えた。

[PR]

 在沖縄米海兵隊は共同通信の取材に、落下物が防衛省沖縄防衛局から届いたと明らかにした上で「われわれのヘリコプターのものなのかどうか、徹底的に調査している」と強調した。

 現場は米軍普天間飛行場(宜野湾市)に近く、落下直後に上空をヘリが通過するのが目撃されている。謝花氏は「仮にだが、米軍ヘリならばあってはならないこと」と語った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る