日米

日米貿易交渉、8月決着提起 大統領、不均衡是正へ意欲

05/27 13:40 更新
日米首脳会談に臨む安倍首相(右)とトランプ米大統領=27日午前、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
日米首脳会談に臨む安倍首相(右)とトランプ米大統領=27日午前、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)

 安倍晋三首相は27日、トランプ米大統領と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。トランプ氏は冒頭で日米貿易交渉に関し「8月に大きな発表ができる」と述べ、夏の参院選後、早期の決着を提起。貿易不均衡の是正に意欲を示した。首相は米国と対立関係にあるイランを6月に訪れ、緊張緩和に貢献したいと説明。トランプ氏は「日本とイラン指導部が良い関係にあるのは知っている」と容認する姿勢を示した。

[PR]

 首相は、北朝鮮による日本人拉致問題の解決を図るため、金正恩朝鮮労働党委員長と前提条件を付けずに会談実現を目指す方針を伝達。協力推進の方針で一致する見通しだ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る