政治

自民・萩生田氏、会期延長を否定 「法案順調、理由ない」

05/26 11:05

 自民党の萩生田光一幹事長代行は26日のフジテレビ番組で、来月26日までの今国会会期の延長に否定的な見解を示した。「政府提出法案の採決を順調に進めている。今のスケジュール感でいくと、延長する理由はなくなってしまう」と述べた。

[PR]

 与野党の間では安倍晋三首相が衆参同日選に踏み切る場合、会期を延長することもあり得るとの臆測がある。

 会期内の衆院解散の可能性を巡っては、来月28、29日に大阪市で20カ国・地域(G20)首脳会合が開かれるとした上で「閣僚が議員バッジのない中で落ち着いた会議ができるのか。私はどうかと思う」と語った。

ページの先頭へ戻る