北海道

旧政府専用機の貴賓室公開 首相や皇室が使用

05/24 19:10 更新
貴賓室は白を基調とした明るい雰囲気。手前が首相や天皇陛下の執務席(伊丹恒撮影)
貴賓室は白を基調とした明るい雰囲気。手前が首相や天皇陛下の執務席(伊丹恒撮影)
  • 貴賓室は白を基調とした明るい雰囲気。手前が首相や天皇陛下の執務席(伊丹恒撮影)
  • 3月で退役した旧専用機(手前)。奥は現専用機ボーイング777―300ER(伊丹恒撮影)

 【千歳】航空自衛隊は24日、3月で26年間の任務を終え退役した旧政府専用機(ボーイング747―400)2機のうち1機の貴賓室を、新千歳空港敷地内の専用機格納庫前で報道陣に初公開した。

[PR]

 貴賓室は首相ら政府要人や皇族、国賓が使う。旧専用機が防衛庁(当時)所属となった1992年度以降、警備上の理由から公開していなかった。

残り:253文字/全文:412文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る