北海道

鈴木宗男氏が食道がん公表 参院選対応は手術後判断

05/23 21:22 更新

 新党大地の鈴木宗男代表(71)は23日、国会内での同党会合で、4月下旬に受けた人間ドックで食道がんが見つかったと公表した。27日に東京都内の病院で手術を受ける予定で、「入院は最低でも1週間と言われている。気を強く持ってがんと向き合っていきたい」と語った。

[PR]

 夏の参院選への対応については「転移がなければ、いま一度、男の勝負をしたいと思っている」と出馬への意欲を強調。会合後、記者団に対して「6月の中ごろまでにはしっかりした検査結果が出ると思うので、その段階でいろいろ考えていきたい」と述べた。

 鈴木氏は2003年に胃がん、10年に食道がんが見つかり、手術した。(則定隆史)

ページの先頭へ戻る