北海道

丸山氏「ロシア女性紹介しろ」 ビザなし訪問中に外出試みる 関係者が繰り返し制止

05/23 01:19 更新
丸山穂高衆院議員
丸山穂高衆院議員

 ビザなし交流訪問団の一員として訪れた国後島で、戦争による北方領土の奪回に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(大阪19区)が、同島の宿泊施設「友好の家」に滞在中、団員に対し「ロシア人女性の店に行こう」という趣旨の発言をし、単独行動が認められていないにもかかわらず何度も外出しようとして政府関係者らに止められていたことが22日、分かった。

[PR]

 外務省はビザなし渡航に関し、単独行動によってトラブルが生じた場合、拘束されてロシアの法律が適用される恐れがあるため、四島滞在中の団体行動の厳守を求めている。

 複数の団員によると、丸山氏は友好の家に滞在中、団員に「外に出て女性がいる店に行こう」と発言。団員が断ると「ここは日本国なので問題ない」と再度誘った。

残り:348文字/全文:677文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る