観光・行楽

トマムの原風景いまに 星野リゾート、牧場テーマに施設増設 「ヤギの郵便屋さん」開始 生乳ソフト販売も

05/23 05:00
ファームエリアにある「ヤギの郵便屋さん」。9頭のヤギが出迎える(打田達也撮影)
ファームエリアにある「ヤギの郵便屋さん」。9頭のヤギが出迎える(打田達也撮影)
  • ファームエリアにある「ヤギの郵便屋さん」。9頭のヤギが出迎える(打田達也撮影)
  • 旧ゴルフ場の広大な敷地でのんびりと草をはむ放牧牛(打田達也撮影)
  • 搾りたての生乳を使ったソフトクリームなどが味わえる「ミルクスタンド」(星野リゾートトマム提供)

 【占冠】星野リゾートトマムは、かつて畜産業が営まれていたトマム地区の原風景を再現しようと、牧場にちなむ施設の増設や商品の開発に力を入れている。はがきを投函(とうかん)してヤギと触れ合う「ヤギの郵便屋さん」を始めたのをはじめ、敷地内で飼育する牛の生乳を使った牛乳やソフトクリームを販売する。
(伊勢裕太)

[PR]

 牧場関連の施設を増設しているのは、敷地南側にある広さ約100ヘクタールの旧ゴルフ場。2016年の台風被害で営業を休止したのを機に、17年から家族でくつろげる「ファームエリア」に改めた。

 ヤギの郵便屋さんは、はがきに見立てた常緑樹タラヨウの葉にペンで文字を彫り、ヤギに食べられないようにポストへ投函。大好物の葉に近寄ってくるヤギとの触れ合いを楽しめる。

残り:96文字/全文:423文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る