いじめ

同級生に賠償命令、高1自殺 熊本地裁、学校の責任否定

05/22 19:49 更新

 熊本県立高1年の女子生徒=当時(15)=が2013年に自殺したのは学校がいじめに適切な対応を取らなかったためだなどとして、遺族が県と同級生に損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁は22日、いじめを一部認めて同級生に11万円の支払いを命じた。自殺に関する学校側の責任は否定し、県への請求は棄却した。

[PR]

 小野寺優子裁判長は、同じ寮の同級生が、無料通信アプリLINE(ライン)で生徒に「汚い」などと送信したことは脅迫に当たり、中学の卒業アルバムへの落書きも違法だとした。遺族側は、身体的特徴をからかう悪口もいじめと訴えたが「口げんかの範囲は超えない」と退けた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る