北海道

丸山氏の戦争発言、道議会が抗議決議「多くの道民に強い憤り」

05/22 23:52 更新

 丸山穂高衆院議員(日本維新の会を除名)が戦争による北方領土の奪回に言及した問題で、臨時道議会は22日、抗議する決議案を全会一致で可決し、閉会した。鈴木直道知事はその後の記者会見で「戦争による北方領土問題の解決は到底理解できない。元島民関係者が大変不快な思いをし、残念だ。外交交渉に悪影響が出ないよう政府に取り組んでほしい」と語った。

[PR]

 決議は、丸山氏の発言について「(日ロ)両国の友好・信頼関係に影響を及ぼしかねない極めて憂慮すべき事案」と指摘。「元島民や北方領土返還要求関係者はもとより、多くの道民にとっては到底受け入れ難く、強い憤りを禁じ得ない」と非難した。(佐藤陽介)

ページの先頭へ戻る