北海道

セコマ、2店目の無人店舗 札幌市内のオフィスビルに

05/22 05:00

 コンビニエンスストア道内最大手のセコマ(札幌)は21日、三井住友海上火災保険(東京)の札幌市内のオフィスに、無人店舗を出店した。セコマの無人店舗は2店目。店舗は従業員しか入れない場所にあり、同ビル内で仕事をする従業員など350人が販売の対象になる。セコマの丸谷智保社長は「社員食堂がなくなったオフィスなどのニーズに応えたい」として、出店を増やしたい方針だ。

[PR]

 セコマと三井住友海上火災保険は同日、災害時の防災活動に協力する協定も締結した。セコマは災害時、無人店舗を物資の供給拠点として使い、三井住友海上の保険金算定などの業務を支援する。(宇野沢晋一郎)

全文:276文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る