速報

よろず法律相談

【回答者 塚越朱美弁護士】女子高生との交際は犯罪か

05/12 05:00
塚越朱美弁護士
塚越朱美弁護士

質問 25歳の会社員です。17歳の女子高生と交際しており、いずれ結婚しようと誓い合っていました。ある日、彼女と自宅にいたところ、彼女の両親から相談を受けたという警察に誘拐と淫行の罪で逮捕されてしまいました。私は罪を犯したことになるのでしょうか。

[PR]

回答 まず、未成年者誘拐罪に当たるかが問題となります。誘拐とは、未成年者をだましたり、うまい言葉で誘惑したりして、未成年者をその生活環境から離脱させて、自分の実力支配下に置くことです。未成年者誘拐罪は、未成年者の自由を守るのみならず、未成年を監護する者の「監護権」をも保護しています。未成年者が自宅へ行くことに同意しても、両親が承諾していなければ、未成年者誘拐罪に該当する可能性があります。

 あなたがどのような言葉で彼女を自宅に誘ったのか、彼女がどれくらいあなたの家に滞在していたのかによって変わりますが、彼女が17歳という年齢であることからすれば、もし彼女が本州からやってきていて、親に無断であなたの家に何日も泊まっていたような場合は、犯罪となる可能性があります。

 次に、条例で禁止されている「淫行」に当たるかが問題となります。北海道青少年健全育成条例では、18歳未満の者に対し「淫行またはわいせつな行為」をしてはならないと定められています。その意味内容は「青少年を誘惑し、威迫し、欺罔(ぎもう)し又(また)は困惑させるなど、その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交等のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱っているとしか認められないような性交等をいう」と限定的に解釈されています。

 したがって、未成年者と交際していたり、体の関係があったりするからといって、それだけで犯罪になるわけではありません。

 彼女との交際に至った経緯や交際の内容から、単に体の関係を目的としていたり、あなたが年齢や身分を偽っていたり、お金をやりとりしていたりするような場合は、処罰の対象となる可能性があります。このような事情がなく、常識的な交際をしているだけであれば、婚約にまで至っていなくても、「淫行」には当たらないと考えられます。(つかごし・あけみ)

ページの先頭へ戻る