北海道

音威子府の駅そば復活 常連客ら伝統の味堪能

04/26 05:00
8カ月ぶりに、そばをお客に出す西野守さん(中央)と寿美子さん(右)
8カ月ぶりに、そばをお客に出す西野守さん(中央)と寿美子さん(右)

 【音威子府】JR宗谷線音威子府駅構内にある名物そば店「常盤(ときわ)軒」が25日、8カ月ぶりに営業を再開した。常連客や鉄道ファンらが相次いで訪れ、伝統の黒いそばを味わった。

[PR]

 「毎月来てたんですよ。再開してうれしいです」。札幌市の会社員奥野義男さん(69)は目を細めた。

 昨年8月以来の営業再開に、店主の西野守さん(83)は「お客さんが『おいしい』と言ってくれて安心した」。足の骨折が完治した妻の寿美子さん(78)も「2人でこれからも続けたい」とほほ笑んだ。

 

残り:137文字/全文:367文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る