北海道

10連休中の渋滞5月3日ピーク 道警など予測

04/23 07:29 更新
10連休中の渋滞5月3日ピーク 道警など予測

 道警と東日本高速道路北海道支社は、大型連休中(27日~5月6日)の高速道路や国道の渋滞予測をまとめた。同支社は3日が渋滞のピークとみており、道東道芽室―トマム間の札幌方向で、最大約15キロの渋滞が発生すると予想。出発時間を変えるなど渋滞緩和へ協力を呼び掛けている。

[PR]

 道警などによると、道央道北広島―恵庭間の苫小牧方向は3日、道東道占冠―むかわ穂別間の札幌方向は5日にそれぞれ最大約5キロ渋滞する。国道は、国道5号の渡島管内森町駒ケ岳―同管内七飯町西大沼、国道230号の札幌市南区藤野―同市南区定山渓温泉東など2路線4区間が渋滞する見通し。

残り:91文字/全文:361文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る