北見オホーツク

「キノス」遊びに来てね 津別木工施設の愛称決まる

04/23 05:00
「つべつ木材工芸館」の改装オープンセレモニーでテープカットをする関係者
「つべつ木材工芸館」の改装オープンセレモニーでテープカットをする関係者

 【津別】町の木工施設「つべつ木材工芸館」(共和)の改装オープンセレモニーが同館で行われた。町が公募した同館の愛称には、津別小4年の土田陸翔(りくと)君(9)が考案した「キノス」に決まったと発表された。

[PR]

 セレモニーは20日に開かれ、関係者26人が出席。佐藤多一町長は「国道沿いで観光客を呼べる施設として、改修した木材工芸館に期待している」とあいさつ。町民が応募した愛称候補38件の中から、見事に採用された土田君は「工芸館の周りの木に鳥の巣がいっぱいあるのをヒントに名付けました。うれしいです」と笑顔を見せた。

残り:139文字/全文:393文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る