北海道

レバンガ最終戦も飾れず 22連敗でリーグ記録更新

04/22 07:39 更新

 1部は7試合を行った。東地区最下位と残留プレーオフ(PO)に回ることが決まっているレバンガ北海道は、東京都のアリーナ立川立飛で同3位のA東京に74―81で敗れ、リーグ記録とチームワーストを更新する22連敗を喫し、リーグ最終戦を白星で飾ることはできなかった。通算成績は10勝50敗。

[PR]

 レバンガは、第1クオーターを18―20で終えたが、第2クオーターで点差を8に広げられ、後半は善戦したものの、逆転することはできなかった。

 レバンガと横浜の2戦先勝方式の残留POは26、27の両日、トッケイセキュリティ平塚総合体育館で行う。試合開始は26日が午後7時5分、27日が午後3時5分。第2戦終了時点で決着がつかなかった場合は、即日、前後半各5分の第3戦を実施する。


 中地区の富山は三遠に91―79で勝ち32勝28敗とし、ワイルドカードでプレーオフのチャンピオンシップ最後の1枠を獲得。8チームが出場し26日に始まるチャンピオンシップ準々決勝の組み合わせは栃木―川崎、千葉―富山、新潟―A東京、琉球―名古屋Dとなった。



試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る