北海道

戊辰戦争終結150年 五稜郭で戦闘場面再現

04/22 03:25 更新
五稜郭公園で殺陣を再現する市民ボランティア(関口潤撮影)
五稜郭公園で殺陣を再現する市民ボランティア(関口潤撮影)

 旧幕府軍と新政府軍による戊辰戦争(1868~69年)の最後の舞台となった函館市の五稜郭公園で21日、土方歳三らの戦闘場面を再現するパフォーマンスが披露された。

[PR]

 戊辰戦争終結150周年を記念した10月までのイベントの一環。西洋風の軍服を着たまちおこし団体のメンバーが「箱館戦争抜刀隊」と称し、殺陣などを披露。大型連休中は27、28日、5月5、6日に行う。

 刀をぶつけ合う音が響き渡り、最後は土方が銃弾に倒れる。埼玉県の会社員関根裕宣さん(68)は「時代の変革の場面を、改元前に見られた」と感慨深げ。平成から令和へ変わる今、タイムスリップ気分を味わっては?=函 館=

全文:282文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る