グルメ

音威子府名物 駅そば復活 「常盤軒」創業80年 25日から「ファンのため頑張る」

04/20 05:00
「お客さんのために頑張りたい」。営業再開を前に、店の前で話す西野守さん
「お客さんのために頑張りたい」。営業再開を前に、店の前で話す西野守さん

 【音威子府】上川管内音威子府村のJR宗谷線音威子府駅構内にある名物そば店「常盤(ときわ)軒」が25日、8カ月ぶりに営業を再開する。80年以上の歴史を誇り、全国の鉄道ファンらに愛されてきたが、店主の西野守さん(83)とともに店を切り盛りしてきた妻寿美子さん(78)が足を骨折、昨年8月から休業していた。けがが完治し、再開を決めた西野さんは「待っていてくれたお客さんのために2人で頑張りたい」と語る。

[PR]

 「4月25日(木)10時30分 常盤軒営業再開のお知らせ」。閉められたままの常盤軒のシャッターに、村商工会が作った告知チラシが張られている。18日、店の様子を見に訪れた旭川市の会社員二階堂有一さん(57)は「再開を楽しみにしていたのでうれしい」と笑顔を見せた。

 常盤軒は1933年(昭和8年)、西野さんの祖父の故・治郎作さんが旧国鉄の音威子府駅のホームに創業。西野さんは75年ごろ、父の故・真咲さんから後を継ぎ、3代目店主になった。天北線が廃止された89年には駅舎内に移転。夫婦で伝統の味を守ってきた。

 そばはソバの実ごとひいているため黒色で、腰が強く、昆布と煮干しのだしを使った濃いめのつゆが特徴。「駅そば」の愛称で全国区の人気を誇り、人口が679人(3月末現在)と、道内最少の村にとって貴重な観光スポットにもなっていた。

 営業時間は、午前10時半~午後2時(そばが無くなり次第終了)。5月は水曜日のみ定休(1日は営業)。6月以降は水、木曜日が定休。

残り:215文字/全文:841文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る