帯広十勝

こいのぼり236匹、悠然と 大樹・歴舟川

04/22 21:50 更新
歴舟川の上空で、春風にたなびくこいのぼり=19日午後3時45分(小型無人機使用、北波智史撮影)
歴舟川の上空で、春風にたなびくこいのぼり=19日午後3時45分(小型無人機使用、北波智史撮影)

 【大樹】国内屈指の清流を眼下に泳ぐ236匹―。町内の歴舟川に19日、恒例のこいのぼりが飾られた。29回目の今年は、改元後の5月6日まで。悠然とたなびく姿が、人々の目を引きつけている。

[PR]

 歴舟川をPRするため、町観光協会(一戸勉会長)が国道236号にちなみ、毎年実施している。川幅は約200メートル。対岸に通したワイヤにつるされた236匹は春風をはらみ、優美に体をなびかせた。上空からは透き通った歴舟川も見え、まるで悠々と清流を下るようだった。

残り:113文字/全文:334文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る